サイトマップ

安全資産で確実に資産を増やすアンティークコイン投資の世界

HOME » 【投資額別】最適な資産運用方法 » 1億円クラス

1億円クラス

1億円クラスの資産運用の方法を紹介しています。これだけ資金があれば、どんな投資でもできそうですが、確実に、安定して利益が得られる投資法を選びたいものです。

1億円で資産運用するならこの方法がおすすめ

1億円もの資産があれば、投資の選択肢も多くなってきます。アンティークコインもそのひとつです。

ただ、1億円あるからといって、ハイリスク・ハイリターンな投資をしたいと思う人は少ないのではないでしょうか。資産運用するからには、少しでも利益を得たいと思っているはずです。

「コイン投資の利益など、たかが知れているのでは?」と考える人もいるようですが、とんでもないことです。

一説によると、アンティークコインの価格上昇率は平均24%ともいわれています。これはあくまでも平均で、これよりも高い値上がり率を誇るコインもたくさんあります。

コイン1枚につき24%の値上がり率があったとして、そうしたコインを何枚、何十枚と保有していたら、その利益はどれほどになるでしょう。

アンティークコインは1枚数万円で手に入るものもあれば、世界に数枚しか残っておらず、数千万円もの価格になるものもあります。

全体的に、アンティークコインは値上がり傾向にあり、どのようなコインを購入したとしても、多少の利益は得られると思います。

しかし、投資目的として、より利益を得ようとするのであれば、希少性の高いもの、残存枚数の少ないもの、グレードのいいもの、人気の高いものなど、値段は高くても、価値の高いものを選んだ方が確実です。価値の高いものの方が、将来的に値上がりする可能性も高いからです。

アンティークコインの一番の魅力は、その安定性です。経済や金融暴落などに影響されることがなく、これまでに大幅な価格の暴落もありませんでした。

アンティークコインは、一度プレスされたものが二度とつくられることはありません。経年によって行方知れずになるコインは多々あっても、その数が増えることがないからです。

そのため、時間が経てば経つほど希少性が上がり、価格も高くなるというわけです。

また、アンティークコインは、世界通貨ですから、万一、日本の財政が破たんしたとしても、外国で換金することができます。

アメリカでもヨーロッパでも、ほしい通貨に合わせて、その国で売ることができます。外国で換金しても為替差損が生じることがありません。

アンティークコイン投資は現物投資の一種です。資産を骨董品や絵画などに変えて保有する人もたくさんいますが、骨董品や絵画、ワインなどには、保管するスペースやメンテナンスが必要になることがあります。

それに対し、アンティークコインはコンパクトに収納できるので、保管スペースを必要としません。自宅で保有するのが不安で、銀行の貸金庫などを利用するという場合でも、かかる費用は貸金庫の利用料金だけですみます。

1億円クラスのおすすめ投資法はこちら

アンティークコイン投資のほかに、1億円クラスでおすすめの資産運用方法を紹介します。

資産が1億円ともなれば、さまざまな投資方法を選ぶことができます。わずかな利益しか得られないような投資だとしても、元本が1億円あれば、それなりの利益になるものです。

たとえば、5%の利回りの商品の場合、1,000万円なら50万円の利益ですが、1億円なら500万円の利益を得ることができるのです。

また、1億円をひとつの投資に使うのではなく、いくつかの投資法に分配するという方法もあります。複数に分けることで、リスクを減らすことができますし、どこかで損失があった場合でも、またべつの投資でカバーできる可能性があるからです。

ワインや骨董品、絵画など、趣味も同時に堪能できる現物投資も可能です。楽しみながら、余裕をもって資産運用ができるのも、このクラスの特権ではないでしょうか。

ワンルームマンション投資

東京など、都心で人気のワンルームマンション投資。

ワンルームを購入し、それを第三者に貸すことで賃貸収入を得たり、購入時よりも値段が上がった時に売却して利益を得る不動産投資のひとつです。

ワンルームマンションなので、比較的価格も手頃であり、シングルの多い地域や、通勤に便利な場所など、立地に恵まれれば、入居者も確保でき、安定した収入が見込めます。

しかし、入居者がいなければ賃貸収入は得られません。また、賃貸物件の価値は年々下がってしまうので、時間が経つごとに空室のリスクも増えます。

マンション一棟買い

場所によっては、1億円でマンションの一棟買いというゴージャスな投資も可能です。マンション一棟まるまる自分のものになるので、賃貸収入も格段に多くなり、それだけ利益も得られることになります。

しかし、一棟となると、部屋数が多くなり、空室リスクも高くなります。

また、賃貸ではなく、売却を考えた場合でも、建物の場合は年々、価値が下がっていくものなので、購入した価格と同じ価格で売却することはほとんど不可能です。

海外不動産投資

人口が増え、成長期にある海外の不動産は、将来的な値上がりが期待できます。

その国の経済が発展し、人々の所得が増えれば、家賃を上げることもできますし、人が集まり、人気のエリアになれば、高値で売却することも可能です。

将来性の面では、日本の不動産よりも期待できるかもしれませんが、海外ということで、トラブルが生じることも多々あります。

言葉の問題はもちろん、その土地に詳しくなければ、土地や建物の相場もわかりません。高い物件を買ってしまったり、安定した家賃収入が見込めないということもあるので、現地に詳しいアドバイザーに協力を申請するなど、下調べは入念に行いましょう。

債券

国や地方公共団体、会社などにお金を貸すと債券が発行されます。債券を発行する際には、何年後に元本を返すのかをあらかじめ決めておきます。その期限が満期です。満期がくれば元本は返ってきますし、満期までの間には、利息が支払われます。

債券によって利率は異なりますが、投資額が多くなればなるほど、当然、利回りも大きくなります。

ただし、満期までの間に会社が倒産してしまった場合、元本は戻ってきません。そうしたリスクを少しでも回避するために、債権の発行元である企業がどれだけ信頼できるかを格付け会社が評価しています。これは、企業の債券がどれだけ信用できるかをチェックする重要な資料となります。

先物取引

先物取引では、FXと同じように証拠金を入れるので、リバレッジ(実際の証拠金より多くの金額として取引する)をつかって、大きな取引をすることも可能です。

しかし、これほどの資金があるのであれば、リバレッジをかける必要はないでしょう。リバレッジは、あくまでも資金が少ない場合に使うのが効果的だからです。

1億の資金があるからといって、すべてを投入するのはリスクが高すぎます。成功すれば多大な利益が得られますが、失敗すれば損失もそれだけ大きくなるからです。

先物取引の代表的な銘柄としては、金、銀、白金、原油、ガソリン、ゴム、大豆、トウモロコシ、小豆などがありますから、資金をいくつかに分けて投資をするという方法もあります。

金の相場は毎日変わっています。相場によって、価格が下がることはありますが、希少である金そのものの価値がなくなることはありませんし、税金もかかりません。そのため、長期保有に向いている資産だと言われています。

金に投資をする際には、すべての資金を金に使うのではなく、分散投資のひとつとして行うのがおすすめです。

株式や不動産、債権など、他の投資と分散させることで、金の価格が値下がりしても、そのリスクを抑えることができます。

免責事項

「アンティークコイン投資のすべて」は、アンティークコイン投資の魅力について紹介するために、個人が作ったサイトです。サイト内に記載されている情報は2016年5月現在のものになりますので、専門店やアンティークコインの最新情報が知りたい方は、各公式HPにてご確認くださいませ。

PAGE TOPへ