サイトマップ

安全資産で確実に資産を増やすアンティークコイン投資の世界

HOME » 富裕層がシフトしているアンティークコイン投資の世界 » なぜアンティークコインは値上がりし続けるのか

なぜアンティークコインは値上がりし続けるのか

ここでは、アンティークコインの相場が安定し続けている理由や、効果的に利益を得るための売却のタイミングについて解説していきます。

アンティークコインの相場が上がり続ける理由

国の経済破たんを心配し、株式や債権、不動産など、資産をさまざまな形にして保有している人はたくさんいます。不動産投資は、家賃収入によって利益を得ようとするものです。物件そのものの価格が値上がりしなくとも、毎月、定期的に収入が得られれば、安定した見返りが期待できます。

しかし、株式や債券は、発行会社が破たんするなどした場合、紙切れ同然になってしまうというリスクがあります。不動産投資で安定した収入を得るためには、入居者がいなければなりません。

日本の住宅の空室率は10%といわれています。10室のワンルームマンションを持っていたとして、そのうち1室が空室になると、その分の家賃は得ることができず、利回りも下がってしまいます。一般的に、賃貸住宅は築浅の物件のほうが人気ですから、年月が経てば経つほど空室率が高くなってしまい、安定した家賃収入を得ることは難しくなっていきます。

地金の場合は、金そのものに価値があり、世界中どこででも換金できるというメリットがあります。金の相場によって、価格は変動していくので、金の相場が上がれば儲けが出る可能性はあります。しかし、資産を守ることはできても、ただ保有しているだけでは利益は得られません。

これに対し、アンティークコインは、常に値上がりが期待できる資産です。コイン市場は、長い歴史を持っていますが、そのなかでも大暴落したことはなく、相場は右肩上がりだといわれています。

アンティークコインは、一度プレスされたものは二度とプレスされないので、コインの枚数が増えることはありません。それどころか、保有者が紛失してしまったりして、年々、数が減っていってしまいます。そのため、どんどん希少価値が高まっていくのです。

アンティークコインの売却のタイミングは?

投資のためにアンティークコインを購入した場合、どのタイミングで売りに出すかということが重要になってきます。目安としては、購入金額の3割程度の利益が出たときに売りに出すのが、もっともリスクが少ないといわれています。

アンティークコインは、少しずつ値上がりしていくものなので、最低でも5年間は保有したほうがいいでしょう。コインの種類によっては、5年間で相場が2倍になるということも十分に有りうるのです。

免責事項

「アンティークコイン投資のすべて」は、アンティークコイン投資の魅力について紹介するために、個人が作ったサイトです。サイト内に記載されている情報は2016年5月現在のものになりますので、専門店やアンティークコインの最新情報が知りたい方は、各公式HPにてご確認くださいませ。

PAGE TOPへ