サイトマップ

安全資産で確実に資産を増やすアンティークコイン投資の世界

HOME » 富裕層がシフトしているアンティークコイン投資の世界

富裕層がシフトしているアンティークコイン投資の世界

安全資産なアンティークコインの魅力

アンティークコインの魅力の第一は、アンティークコインが安全資産だからです。なぜ、アンティークコインは安全資産といわれるのか。それは、アンティークコインは経済などの影響を受けることがなく、大幅な値下がりがないからです。
また、アンティークコインのほか、絵画やワインなどの現物投資も人気がありますが、保管するためのスペースが必要だったりメンテナンスをしなければならなかったりします。
その点、アンティークコインは、保管スペースも少なくてすみますし、特別なメンテナンスも必要ありません。さらに、コインは世界通貨なので、どの国でも換金でき、その際に為替差損が生じることもありません。

アンティークコインの魅力を詳しく見る ▶︎

アンティークコインが注目される理由

世界の富裕層に注目されているコイン投資ですが、その理由はどこにあるのでしょう。
まずは、アンティークコインがほとんど値下がりをしない、安定性の高い商品であること。アンティークコイン市場は、株式のように多くの人が参加する市場ではないので、金融危機をはじめとする世の中の動きに左右されません。
過去の歴史を見ても、コインの価格が大暴落したことはないとされています。アンティークコインは、一度プレスされたら、二度と同じものはつくれませんから、長期間保有することで希少性も高くなり、価値も上がっていくのです。

(超)富裕層に選ばれている理由を詳しく見る ▶︎

アンティークコインの相場はなぜ上がり続けるのか

株式や債券なども人気の投資方法ですが、発行会社が倒産したり破産した場合、それらは紙切れ同然になってしまいます。
不動産投資の場合は、空室リスクを減らすため、入居者獲得のための努力が必要になってきます。けれどもアンティークコインは、特別な努力も必要とせず、ただ持っているだけでも十分、利益が得られます。
また、前述のように、一度つくられると、二度とつくられません。年が経つことに、数が減っていってしまうので、さらに価値が高くなっていくのです。アンティークコインの値上がりは少しずつなので、最低でも5年は保有しておきましょう。

値上がりし続ける理由を詳しく見る ▶︎

コインの価値を決める要素

アンティークコインの価値は、コインのグレードや発行枚数、発行年度、残存枚数などによって決まります。贈答用のPR(プルーフ)と一般流通用のMS(ミント)に分けられますが、ともに70段階で評価され、最高レベルは70です。
当然、発行枚数が少ないものや残存枚数が少ないものの方が、価値が高くなります。値下がりのリスクを減らし、より利益を得るためには、トップグレードや2番手くらいのものを購入するのがいでしょう。

価値を決める発行年度とグレードを詳しくみる ▶︎︎

アンティークコインの鑑定会社

アンティークコインは、きちんと鑑定されたものを購入するようにしましょう。市場に出ているほとんどのコインの鑑定会社を行っているのは、アメリカのPCGS社とNGC社。この2社で98%を占めるのだとか。
PCGS社・NGC社で鑑定されたコインは、スラブと呼ばれるコインケースに入れられます。同じコインであっても、スラブに入ったものと入っていないものでは、価格に3~5倍の差が付くことも。スラブを開けてしまうと、格付けが無効になってしまうので注意しましょう。

コイン鑑定会社のハナシを詳しくみる ▶︎︎

アンティークコインの購入はオークションorショップ

アンティークコインを購入する際には、比較的価格が安い、アメリカのオークション会社・ヘリテージでの購入がおすすめです。オークションといっても、日本のオークションサイトの場合は、偽物が紛れ込んでいる場合があるので気をつけましょう。
海外のショップでも購入することはできますが、トラブルが発生した場合に解決しにくいので、英語力に自信がない人は日本のショップで購入するのが安心です。

正しい購入方法を詳しくみる ▶︎

免責事項

「アンティークコイン投資のすべて」は、アンティークコイン投資の魅力について紹介するために、個人が作ったサイトです。サイト内に記載されている情報は2016年5月現在のものになりますので、専門店やアンティークコインの最新情報が知りたい方は、各公式HPにてご確認くださいませ。

PAGE TOPへ